家庭用脱毛器 レーザー フラッシュ

家庭用脱毛器 レーザーやフラッシュのどれを選ぶべき?

家庭用脱毛器 レーザー フラッシュ

ツーピーエスはフラッシュ脱毛器ですが、家庭用脱毛器にも様々な脱毛方法のものがあります。

 

家庭用脱毛器の種類を簡単に挙げると、

  • フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛
  • サーミコン方式
  • 超音波脱毛
  • 電動毛抜き

と、主要なものだけでもこんなに沢山の家庭用脱毛器の種類が存在します。

 

それでは、あなたが実際に家庭用脱毛器を購入しようと思ったときには、どの脱毛方式の家庭用脱毛器を選ぶべきなのでしょうか?

 

現在主流の「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「サーミコン方式」の3種類について、解説します。

家庭用脱毛器 種類ごとのメリットとデメリット

家庭用脱毛器 レーザー フラッシュ

 

フラッシュ脱毛

 

まずは、ツーピーエスでも採用されている、フラッシュ脱毛という脱毛方式です。

 

フラッシュ脱毛は、カメラのストロボのような光で毛根に熱を加え、ムダ毛の生育をストップします。

 

多くの脱毛サロンで行われている「IPL脱毛」も、フラッシュ脱毛の別の呼び方になります。

 

このことからも分かるとおり、フラッシュ脱毛のメリットは、

  • 痛みが少ない
  • 肌に優しい
  • 一気に広範囲を施術できて時間の短縮になる
  • 脱毛の効果が高い

という点にあります。

 

反面、デメリットとしては、

  • 脱毛効果を得るまでに一定の期間が必要
  • 産毛のように細い毛には脱毛効果が出にくい

という点が挙げられます。

 

これらのことから、フラッシュ脱毛器は、手軽に肌を痛めず、サッサと脱毛をしたい方に向いていると言えます。

 

代表的なフラッシュ脱毛器

ケノンケノン

 

ツーピーエス
ツーピーエス

 

レーザー脱毛器

 

レーザー脱毛器といえば、医療クリニックや皮膚科で行われる脱毛方法として有名です。

 

しかし、クリニックや医療機関で行われるレーザー脱毛は、脱毛器の出力が強力なために、医師免許を持った者以外が扱えないよう、法律で定められています。

 

ですから、家庭用脱毛器のレーザー脱毛は、出力がかなり抑えられた物となります。

 

レーザー脱毛は、レーザー光線が毛根に直接ダメージを加え、ムダ毛が生えなくします。

 

さて、そんな家庭用レーザー脱毛器のメリットは、

  • 脱毛効果が高い
  • 脱毛の効果が長続きする

と言った点が挙げられます。

 

反面、レーザー脱毛器にはデメリットも多く、

  • 痛みが強い
  • 施術に時間が掛かる
  • 肌にダメージが残る可能性がある

と言った点が挙げられます。

 

フラッシュ脱毛と比較すると、1点集中で脱毛効果は強力な反面、肌へのダメージを与えやすく、それに伴う痛みも強くなるんですね。

 

これらのことから、家庭用レーザー脱毛器がおすすめなのは、最短で脱毛を完了したい方、長期間の脱毛効果を望む方と言えます。

 

代表的なレーザー脱毛器

トリア
トリア

 

サーミコン方式

 

サーミコン方式の家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは少し毛色の違う家庭用脱毛器です。

 

上記2種類の家庭用脱毛器が、光の力を利用して毛根にダメージを与えるものだったのに対し、サーミコン方式は「熱で直接毛を焼き切る」脱毛方法になります。

 

そのため、どちからと言うと「脱毛」と言うよりは「除毛」に近いイメージの脱毛方法となります。

 

そんなサーミコン方式のメリットは、

  • すぐにツルツルのお肌になる
  • 痛みがほとんど無い
  • ムダ毛が伸びかけてもチクチクしない

と言った点が挙げられます。

 

逆に、デメリットとしては、

  • ムダ毛が再生が早い
  • 毛の焼ける臭いがキツい

と言った点が挙げられます。

 

代表的なサーミコン方式の脱毛器

ノーノーヘア

 

これらの家庭用脱毛器の特徴をまとめると、

家庭用脱毛器の種類

脱毛効果の持続性

痛み

手軽さ

フラッシュ脱毛器

レーザー脱毛器

×

×

サーミコン方式

×


と言った感じになりました。

 

人それぞれで向き、不向きがありますから、最終的には自分の理想に合わせた脱毛器のチョイスが必要になります。

 

しかし、総合的に見て、万人が満足するのはフラッシュ脱毛器だと思います。

 

それは、現在の家庭用脱毛器の売上げランキングの上位をフラッシュ脱毛器が占めている(1位:ケノン 2位:ツーピーエス)事からも間違いないでしょう。

 

ただし、家庭用脱毛器はそれなりに高価なものですし、金銭的な負担もありますから、しっかりと比較してから選んでみてくださいね。

 

ツーピーエス

関連サイト